フロア工事

皆がフロアコーティングをするワケ

何故フロアコーティングが必要なのか

作業員

床が劣化するから

フロアコーティングがなされていない床はちょっとした摩擦に弱いので傷がつきやすくなります。家具を動かすと擦れてしまうため、床が台無しなんてこともあります。西日が当たる場所だと劣化が早まるので床の耐久度は下がりっぱなしです。最終的には、表面の塗装が剥げてしまい、なんとも無残な姿になってしまいます。フローリングは元々木材で出来ているので水から受けるダメージが大きくなります。また、水分を含むと乾燥しやすくなり収縮を繰り返すためこの過程で表面が割れる事は良くあります。

水漏れに対応できない

フロアコーティングをすることで水に強くなり、耐久性が上がるので水浸しになっても床が膨張するようなことはありません。ただ、施工されていない床が水にさらされると一時間しないうちに膨張し、盛り上がったようになります。最悪、下の階に水が浸透する恐れがあるので対策と予防のためにフロアコーティングをすべきなのです。

コーティング剤抜きので劣化防止

使っているうちに劣化が進むのは当然の話なので、仮にフロアコーティングをしていなかった場合でも長持ちさせる工夫を凝らせばも問題はないとされています。例えばペットがいる家庭なら滑らないよう床にマットを敷いたり小さいお子様がいる時はクッションマットを使ってコーナーを設ける等の作業が必要です。物理的な保護になるものの、毎回同じことの繰り返しは正直面倒です。その環境に合ったフロアコーティングをすることで改善できますから検討してみる価値は十分あります。

イメージが悪くなる

フロアコーティングがされていない床はボロボロで傷が目立つため、見た目の印象がガクンと下がります。施工をする目的としては、「床を綺麗に見せる」事も含まれるため部屋のイメージを図る場合、尚更フロアコーティングが必要になります。とはいえ、施工をすると掃除が楽になり面倒なワックス掛けも不要です。質の良いコーティング剤にすれば数年後も新品同様の美しさが保たれるのでやって損をすることは一切ないでしょう。

アフターケアを忘れずに

ぴかぴかな状態を維持するためには、フロアコーティングをした後のメンテナンスが重要。無料で行なってくれる業者だと専門知識を交えてしっかりとケアをしてくれる頼もしい存在です。

広告募集中